2015.04.03

南部鉄器の「剛」× ガラスの「美」を結合させた 強く、美しい鍋

i-ru Pot

南部鉄器の「剛」×
ガラスの「美」を結合させた
強く、美しい鍋

i-ru Pot
地場・伝統技術部門

 

阪和ホーロー株式会社
http://hanwa-gr.com/

株式会社ハースデザインズ
http://hearth-designs.jp/

 

鉄やアルミなどの金属を下地にして、その上にガラス質の釉薬を高温で焼きつけたもの、それがほうろう。丈夫で清潔、美しいと三拍子揃った実力派の素材であり、ガンガン使っても色褪せず、むしろ味わいが増す。i-ruPotは、日本の代表的な伝統工芸品である南部鉄器にガラス質のほうろうを施すという、難易度の高いコラボを実現した逸品。モダンなシルエット、色も和をモチーフにした洗練された優美さで、キッチンを上品に彩る。鋳物ほうろう鍋は密閉性が機能を左右するが、i-ruPotは蓋と本体が合わさる部分を落とし込みのフタにすることで、食材から出る旨味を含んだ蒸気を逃がすことなく、蓋の裏についた小さな突起ピコが対流させ、素材本来の美味しさを閉じ込める。ご飯も薪窯で炊いたかのように、ふっくら美味しく仕上がる。
 

  • Mobio
  • バイヤー募集しています。
  • 24年度認定「大阪製」
  • 25年度認定「大阪製」
  • 26年度認定「大阪製」
  • 27年度認定「大阪製」

pagetop