2018.02.05

鉄工所×アパレル 異素材を引き立てるケミストリー。

esu(エス)バッグ

鉄工所×アパレル
異素材を引き立てるケミストリー。

esu(エス)バッグ
新製品開発部門

 

株式会社三陽鉄工所
http://www.santetu.jp/
https://www.customizebag-es-butterfly.com/

 

金属加工とアパレル、まったく相容れないものがひとつになった。工場の片隅に山積みにされた端材。それはパンチングメタルとよばれる厚さ0.5mmの薄い鉄板で、いずれはスクラップされる運命にあるもの。それが宝の山に見えたとき、異色のブランド「esu」はスタートした。プレス加工を本業とする三陽鉄工所では、知識がまったくないところのからバッグづくりに挑んだ。「esu」のバタフライシリーズでは、ステンレスのパンチングメタルでボディをつくり、ショルダー、リュック、クラッチバッグなどを展開。すべてのバッグはカバー素材の取り外しや着せ替えも可能。つまりカバーを外しても使用できるため、2WAYの楽しみ方も。鉄工所の得意分野である溶接作業を応用した、接着でも縫製でもない溶着という技法を編み出し、そのための専用工具もつくりだす。鉄工所ならではの技術力、そしてシャーリングレザーに塗装を施すなど、アパレル業からは生まれてこない発想も新鮮だ。塗料もイチからつくっているという。金属の持つハードさに革や合皮、西陣織など異素材との組み合わせは、ときにエッジの効いたシャープさを持つかと思えば、時に上品なテイストを醸し出す。掛け合わせることで生まれる化学反応のように、それぞれの素材の魅力を際立せている。

 
 

esu(エス)バッグ
このステンレス製のパンチングメタルを機械で曲げ、バッグのベースにしている。網目状の金属製バッグは、通気性があり水にも強いというメリットも。

  • Mobio
  • 大阪製ブランドはここで買えます!
  • 26年度認定「大阪製」
  • 27年度認定「大阪製」
  • 28年度認定「大阪製」

pagetop